季節の変化と街ゼミ

9月までの活動

春から夏、秋と季節が変わっても、コロナの話題は相変わらずトップニュースな2021年。

気がつけば、中秋の名月も過ぎて今年も残すところ3ヶ月ほどになりました。

5月からのHOME coffeeは、月に一度(主に第一日曜日)だけ
伊予市のかざぐるまカフェの場所を借りて
「コラボカフェ」と称してコーヒーの販売をしています。


扱うコーヒー豆は、
かざぐるまブレンドと数種のシングルオリジンの他に

4月からは季語をヒントに季節のブレンドを
ご用意するようになりました。

たとえば

4月は、春の若葉をイメージした「春風ブレンド」

(5月はコロナの影響でオープンを自粛しました)

6月は、滑らかで落ち着いた印象の「芒種ブレンド」

7月は、色とりどりの星をイメージした「七夕ブレンド」

8月は、爽やかかつ丸みのある余韻が特徴の「露草ブレンド」

9月は、香ばしい香りと透明感のある「猫じゃらしブレンド」

露草ブレンドのイメージ

月に一度のブレンド作りは、

その時の季節を振り返る良い機会になり、

より季節の移ろいに敏感になれます。

初めての「郡中 街ゼミ」

第一回はドリップコーヒー

9月には、伊予市の商店街を中心に行われる「街ゼミ」に参加させていただきました。

カラー写真が豊富なコーヒーの本(古いけど神本です)

第一回目は「ドリップコーヒー」

家庭でコーヒーを淹れる方法としてポピュラーな「ドリップ」ですが、
その淹れ方は十人十色。

コーヒー生豆も見たり匂いを嗅いだりしてもらいました。

この街ゼミでは、
【コーヒー豆が生産国からどのような過程を経て日本に届いているのか】
という流れから、

普段、かざぐるまカフェ(コラボカフェ)でしているドリップ方法を
実践してもらって、豆(生産国)の違いによる味比べをしました。

ドリップの方法に正解はありませんが、
抽出の過程で「どの条件が、どう味に関わるのか」を知ることと、
実践と味の違いを感じる(実感する)ことは、
自分の好みを知っていく中で、とても有意義なことだと思います。

みんな違って、みんないい。

これからも機会があれば、簡単なコーヒーについてのゼミができれば…と考えています。

場所をお借りしているかざぐるまさんは、
自然農法も実践されていたりするので、
コーヒーかすで作る自然な肥料なども作ってみたいところ。

これからも試行錯誤を繰り返して、
生活に寄り添えるコーヒーをお届けできるように精進いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です