ロゴを考えるということ


開業準備をする中でも、ワクワクする作業の一つが「ロゴを考える」こと。

考えを一目にまとめてインパクトを持たせるデザインを…

コンセプトや、目指したいことをどう表現するのかを繰り返し考える。

ロゴ原案。思いついた形を描き出す作業は楽しかった。

ところが、

なんとなく頭の中にあるデザインを「こんな感じで〜」と、いくつか形にしても、しっくりこない…

困り果て、相談した相手から


「HOME=家って当たり前じゃない?」


…確かに。
100人中100人が『HOME coffee』と聞けば家を思い浮かべる。

それじゃいけない。

何がいけないって、安直すぎるから見た人に興味(関心)が残らない。

インパクトに欠ける。
   ↓
記憶に残らない。
   ↓
認知されない。

一目で意図を伝えるには…?


どんな思いで【HOME coffee】と名付けたのか?

【HOME coffee】が表現したいのはどんなニュアンスなのか?

【HOME】は、家という意味ですが、そこには【建物として】だけでなく、
【空間(家庭)として】のニュアンスがあります。

どこか外に出かけて、帰ってきたとき

ひらけるドアの向こうに、明かりが灯っている。


そのときの嬉しい気持ちや、ホッとする安心感が、どこにいても思い出せる。

そんな【HOME coffee】を作りたい。

ドアとその向こうにある明かりで”ほっとする”イメージ

本当に大切にしたい、伝えたいものは何なのか考える。

見極める。


そして、完成したのがコチラ↓

ドアを開けた先に光が灯る様子が、一目で分かるように


この扉は「自分がひらけた」のか「誰かがひらいた」のか。

どちらにせよ、その先には安心できる【空間】が待ってる。

愛着の持てるロゴが完成しました。


これからも、末長く宜しくお願い致します。


最後になりましたが、このロゴが出来上がるまでに、力を貸してくださった皆様、一人ひとりに心から感謝を申し上げます。

始めたら見えてくる

HOMEcoffee(開業準備)を立ち上げてから、小さな焙煎機でコーヒー豆を焙煎したり、ロゴを考えてある程度形になってきたり、と本当に少しずつですが、形を作ってます。

焙煎機はHOTTOP KN-8828B-2K+

もっとスピード感持って、進めていかなきゃという気持ちもありますが、

今は焦らず自分のやりたいことや行きたい方向を考える時期だと切り替えて、

出来たことを残していこうと思います。

美味しく焙煎できました。

今、焙煎しているのは主にエチオピアとグアテマラですが、同じ工程で焙煎をしても仕上がりが全然違って楽しいです。

酸味があったり、甘さを感じたり、苦さを感じたり…

そんな試行錯誤の中、コーヒー業界の最前線でご活躍されている先輩の言葉を、噛み締めています。


「それぞれの豆の味の特性を捉えることが大切」

とてもシンプルな言葉ですが、その言葉の裏にある、途方もない追求を目の当たりにして、とんでもないところに足を踏み入れてしまったな…と、感じます。


好きこそ物の上手なれ

美味しいコーヒー作り、頑張ります。

HOMEcoffee開業準備(自己紹介)



はじめまして。
開業準備中のHOMEcoffeeです。

「いつかカフェがしたいなぁ…」なんてぼんやり考え始めて早10年。
ずっと心の隅でくすぶっていた小さな【夢】を、【目標】にしようと行動開始しました。

まだまだ右も左も、前も後ろも分かりませんが、

とにかくやってみなきゃ始まらない

ので、日々考えたことや実行したことを書いていこうと思います。

温かく見守っていただければ、幸いです。

宜しくお願い致します。

                        HOME coffee代表 菅家原 美穂